伝統 - スポンサー広告未分類
FC2ブログ
HOME プロフィール

遊雲ママ

Author:遊雲ママ
FC2ブログへようこそ!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
シンプルアーカイブ
リンク 最新コメント QRコード
QR

 川が好き 川にうつった 空も好き 

15歳で往った息子(遊雲)が、「ひとつ 残せた」と伝えた言葉が、タイトル(国の河川愛護月間推進標語2005-2010)です。「川は全てにつながっている」という彼の想いを心に、標語の故郷(山口県周南市鹿野)から発信します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝統

鹿野の伝統に学ぶ中学生
さて、これは何をしているところでしょう。
 
IMG_4636_convert_20130217220427.jpg

IMG_4641_convert_20130217220700.jpg

紙を漉く、枠と簾は、高知県の職人の方がつくられたものです。
遊雲にもつながる縁があります。

IMG_4642_convert_20130217220913.jpg

子ども達が染めた、いい色です。

IMG_4706_convert_20130301185121.jpg

COMMENT

職場体験

紙漉きのような伝統産業があるところは良いですね。
ただ手が冷たそうです。
自坊では、中学生の職場体験を受け入れて5年になります。
お坊さん体験は意外と好評のようです。
我が子は、八百屋さん体験で、築地市場へ入れていただいたと喜んでいました。

輝き

紙を漉いている中学生の美しい姿に、
水の恵み、伝統の智慧を感じました。

お寺の職場体験もいいですね。

築地の八百屋さん体験も、忘れられない学習になることでしょう。

交流の様子

山代和紙交流のようすは以下でも紹介されています。

朝日新聞デジタル:記事「起源は室町時代、和紙作りに挑戦 山口・周南の中学生」

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。