「明珍火箸」の風鈴 - 未分類
FC2ブログ
HOME プロフィール

遊雲ママ

Author:遊雲ママ
FC2ブログへようこそ!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
シンプルアーカイブ
リンク 最新コメント QRコード
QR

 川が好き 川にうつった 空も好き 

15歳で往った息子(遊雲)が、「ひとつ 残せた」と伝えた言葉が、タイトル(国の河川愛護月間推進標語2005-2010)です。「川は全てにつながっている」という彼の想いを心に、標語の故郷(山口県周南市鹿野)から発信します。

「明珍火箸」の風鈴

20120920_193104.jpg 

台風前に大切にしまった風鈴です。
「りりりん」という美しい音色がきこえないと寂しく感じられて、
先日、東京から『ぼくらの七日間戦争』を映画にされた映画監督が来られて、
静かにくつろがれた際、もう一度軒下へ。

盆明けに、とおく姫路から来られた、
遊雲と同じ病気でこの春に往かれた女の子のご家族から頂いた「明珍火箸」の風鈴です。

「火箸の色が変わっている・・」と監督がおっしゃって、
「風が吹いたんですね・・・この風鈴の明るい音色は、喜びの音と感じられます」とこたえました。

出会いを喜ぶ音色です。
なんてすてきな贈りもの。

鹿野の町筋では、この夏、各家の軒下に風鈴を吊るそうという企画がありました。
なにか物語が生まれそうな風情でした。

暑かったけれど、風は吹いていると感じられた彼岸まで。 

20120920_193441.jpg

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント